熊本県視聴覚教育連絡協議会
熊本県視聴覚教育連絡協議会とは > 

熊本県視聴覚教育連絡協議会とは

photo

熊本県視聴覚教育連絡協議会とは、県下の視聴覚教育の振興発展を図ることを目的として、社会教育に関する県・各郡市を単位とする機関や視聴覚教育団体等で組織された団体です。

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerは、Adobe社のホームページから無料でダウンロードできます。

熊本県視聴覚教育連絡協議会では、次のような事業を行っています。
視聴覚教育指導者研修
県・市町村の社会教育担当職員・視聴覚ライブラリー・図書館・公民館等視聴覚教育担当職員を対象に、マルチメディア機器の操作及びこれらを利用した社会教育教材作成等の研修を行い、マルチメディアへの理解を図り、高度情報化社会に対応できる視聴覚教育指導者を育成します。
自作視聴覚教材コンクール
地域や学校等の身近な題材を主題にした自作視聴覚教材制作の奨励と内容の充実を図るため、広く県民から作品を募集し、コンクールを開催し優秀な作品を表彰するものです。
(マルチメディア部門 ・ ビデオ教材部門)
熊本県教育メディア研究大会
視聴覚機器や教材を活用した学習のあり方について研究協議を行い、視聴覚教育の振興を図るものです。 内容は、自作視聴覚教材コンクールでの優秀作品の表彰、上映、講演などです。 教育関係者に限らず、どなたでも気軽に御参加ください。
熊本県視聴覚ライブラリー一覧についてはこちら

このページのトップに戻る

熊本県視聴覚教育連絡協議会とは >