令和3年度生涯学習フェスティバルinパレア~わくわく!パレアフェスタVol.20~「大学ってどんなところ?~大学の研究室へ遊びに行こう~」結果発表!

~わくわく!パレアフェスタVol.20~「大学ってどんなところ?~大学の研究室へ遊びに行こう~」へたくさんのご応募を頂き、誠にありがとうございました。

中学・高校生の進路選択や大学のアウトリーチ活動、世代を通した〝学び″の連携をはかることを目的に、大学の研究室紹介動画を募りました。県内6大学から寄せられた作品はどれも素晴らしい動画表現で、大学における学びや研究はもちろん、社会におけるその役割や学ぶことの意義を、広く県民の皆様へ知って頂く良い機会となりました。

厳正なる審査の末、上位3賞が決定しましたので、ここに発表いたします。

県内の大学生が作った動画の数々は、様々な学びの形態を知ることにとどまらず、世界の森羅万象を探求する楽しさを感じ、学び続けることが未来を変えると思えるような傑作にあふれています。是非、一度ご視聴下さい。

また、動画を視聴し、どのような感想をお持ちになりましたか?是非、皆様のお声をお聞かせください。動画下の概要欄からアンケートにご協力お願いいたします。

最優秀賞(1位)「究極の電波望遠鏡で宇宙の謎を解き明かせ!」

熊本大学 理学部 

理学科物理コース 大学院先端科学研究部 理学専攻物理科学講座 宇宙論研究室 

担当教員: 高橋 慶太郎 教授

「宇宙で最初の星は何か?」「地球外に生命体はいるのか?」「超巨大ブラックホールはどのようにしてできたのか?」「宇宙になぜ磁場があるのか」など、宇宙にはたくさんの謎があります。究極の電波望遠鏡を使ってこれらの謎を解き明かす研究について紹介します。

https://youtu.be/-Jjy3jyDGv0

<審査委員長より講評>
動画を視聴する高校生に対して,宇宙物理学・電波天文学の研究内容を魅力あるものとして提示している。この動画では,所属する学生や大学院生が,深遠な宇宙空間やその性質,成立ちを,あたかも私たちの手の届く範囲にあるもののように物語る。この動画を高校生が視聴すると,宇宙を身近なものに感じ,学んでみたいと思うであろう。研究内容がよく理解できる動画であり,良く工夫されている。

――――――――――――――――――――――――――

優秀賞(2位) 「音楽っていったい何?大学で学ぶ様々な〝音楽″」

熊本大学 教育学部 音楽科 大学院人文社会科学教育部 欧米文化学領域

音楽学・音楽文化学研究室 

担当教員: 山田 高誌 准教授

教員と研究室のゼミ生による音楽の研究の紹介をします。

https://youtu.be/IzlWdQuJoSM

<審査委員長より講評>
音楽の楽曲やその演奏から音楽を紹介するのではなく,作曲された当時の時代背景や文化,地域,環境,楽器の進歩など,さまざまな視点から音楽の世界を紹介している。 また所属学生や大学院生が,その魅力を十分に語ることによって,動画を視聴する高校生に大学で音楽を学ぶ意義や価値が伝わるものとなっている。

奨励賞(3位)「リアルとバーチャルを連動させた新しいまちづくり」

熊本学園大学 経済学部 経済学科 情報メディア研究室 

担当教員: 境 章 教授

バーチャル空間を利用した「バーチャルキャンパス」「バーチャル池辺寺」「3D西区マップ」を作成し、まちづくりに貢献します。

https://youtu.be/ZpsI8IyF9Mk

<審査委員長より講評>
さまざまな課題を持つ地域に学生が積極的に関わる様子がよく理解できる動画である。ここで紹介されている研究は,新しい地域を創造するため,それまでその地域になかった新しい価値観を持ち込み,地域を活性化させるものであり,視聴する高校生にはわかりやすく,また身近で魅力的な研究として理解されるであろう。

<応募総数> 県内6大学、13学部、33研究室
<参加大学> 熊本大学、熊本県立大学、熊本学園大学、九州ルーテル学院大学、平成音楽大学、崇城大学
<審査委員> 九州ルーテル学院大学 学長補佐・地域連携推進センター長 坂本昌弥 教授(審査委員長)、熊本県教育庁市町村教育局社会教育課、くまもと県民交流館パレア
<主催> 熊本県生涯学習推進センター

――――――――――――――――――――――――――――――――――

熊本県生涯学習推進センターでは、今後も、生涯を通して学び続けることの重要性やおもしろさをお伝えしてまいります。又、いつでも、どこでも、誰とでも学ぶことができる機会を提供することで、県民の皆様が生涯を通して学び続け、より充実した人生を歩まれますよう支援してまいります。