第23回戦争遺跡保存全国シンポジウム熊本大会のお知らせ

団体名
第23回戦争遺跡保存全国シンポジウム熊本大会実行委員会
【内容】
1、大会趣旨

熊本は九州の中央部に位置し1871年鎮西鎮台の設置以降、熊本鎮台へ、1888年には対外戦争を 想定した第六師団創設となり、熊本城を核として地域のなかに「軍都熊本」が形成されました。 1877年、国内最後の内戦である「西南戦争」では熊本城をはじめ、田原坂・高瀬・八代・人吉 芦北・水俣等と、県内各地で戦闘が繰りひろげられました。熊本市北区植木町・玉名郡玉東町に 残された官軍墓地や戦闘地域等は国史跡「西南戦争遺跡群」として指定され、近現代遺跡・戦争 遺跡の調査保存や資料館展示を通し、行政民間が一体となってその活用が進められています。 いっぽう太平洋戦争については、戦後50年の節目以降も、各地での平和展の開催や戦時体験 を綴った記録・証言集、戦争世代から平和を願っての子ども達への文集が刊行されてきました。 戦後60年以降は、県内各地に残された太平洋戦争期の戦争遺跡の調査・研究や保存活動を行い、 合わせて航空遺産をはじめとする戦時資料の調査や展示活動等を通して、「戦争の記憶を語り継 ぎ、平和の大切さを学ぶ活動」が進んできました。 この活動は熊本・八代・玉名・菊池・荒尾・人吉球磨・合志地域へとひろがり、連絡会議「戦 争遺産フォーラムくまもと」として、戦後70年「平和のバトン展」での地域展示や「米軍資料 から見た熊本空襲」講演会開催へとつながりました。そして地域に残された戦争遺跡に多くの方 々の証言を重ね、平和を学び継承していく活動へと広がり、遺跡の一部は文化財としての保存が 実現するなど活動が実を結んできています。 平成28年熊本を襲った未曽有の地震災害に直面し、隈庄飛行場油倉庫等の記録保存をはじめ、 他の被害戦争遺跡・遺物の被災レスキュー活動等を進めるなかで、全国の皆様方にご支援をいた だき、改めて全国との連携の大切さを知ることとなりました。 今回、熊本で初となる本シンポジウムの開催にあたり、全国の戦争遺跡の現状や課題を明らか にしていきます。また県民運動として熊本に「戦争と平和のミュージアム」設立をめざし、平和 博物館活動等を進めておられる全国の皆様方と交流を深め、地域でつなぐ新たな平和活動として 前進したいと願っています。 「平成28年熊本地震」から復興しつつある熊本の姿を肌で感じていただき、さらなる「心の 支援」の深まりを願い、当地熊本で全国大会を開催いたします。

2、日程

8月24日(土)  全体会・講演会 国際交流会館ホール 6・7階

8月25日(日)  分科会  国際交流会館会議室ほか

8月26日(月)  現地見学会  Aコース(9時~12時半)「熊本市内の戦跡をめぐる」 
                Bコース(9時~15時)「菊池飛行場と黒石原奉安殿をめぐる」
【日時】
令和元年8月24日 13:00~(12:00受付開始)     
8月25日 9:00~     
8月26日 各見学コースによる
【開催場所】
熊本市国際交流会館(KCIC) 熊本市中央区花畑町4-18
【参加費】
一般2,000円(1日参加1,000円) 大学(院)生1,000円(1日参加500円)※高校生以下無料 昼食弁当代、見学会代は必要に応じ別途(事前申し込み必要)
【定員】
・8月24日 230名
・8月25日 第1分科会  81名       第2分科会  45名       第3分科会 104名
・8月26日 見学会       定員になり次第締め切ります。(最小催行人数各コース30名)

【主催者】
第23回戦争遺跡保存全国シンポジウム熊本大会実行委員会、戦争遺跡保存全国ネットワーク
【申込方法・期間】
当日の一般参加も可能ですが、できるだけ事前申込をお願いします。
大会要項、参加申し込みはくまもと戦跡ネットHP (https://kumamoto-senseki.net/)内からダウンロードできます。
【備考】
お申込みお問い合わせ先
事務局連絡先 第23回戦争遺跡保存全国シンポジウム熊本大会実行委員会 事務局長 髙谷和生(たかたにかずお)
〒865-0061 熊本県玉名市立願寺126-5  携帯090-1513-5528
メールアドレス takayanagi912@yahoo.co.jp くまもと戦跡ネットHP https://kumamoto-senseki.net/